あけましておめでとうございます!

昨年は、舞台に映画の撮影にと、1年を通して刺激の多い年となりました。

共演いただいた方、観劇にいらしてくださった方、様々な形で応援していただいている方、制作さんやスタッフさんにも、お世話になりました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2020.01.01   與儀 慎太郎

出演のお知らせ

「見えない厨房をパントマイムで表現するには細かく設定し、厨房設備のイメージを一つ一つ共有していく地道な作業が必要です。真摯に向き合えばきっと役が僕を役にしてくれると信じて、限られた時間の中で創り上げていきたいと思います。」與儀慎太郎


『ミックスモダン』


大阪 千日前 のお好み焼き屋「木垂る(こだる)」で働く元受刑者たちの物語。
[公演日程]
12月
 18日(水) 19時
 19日(木) 19時
 20日(金) 14時・19時
 21日(土) 14時・19時
 22日(日) 15時

[劇場]
トシプロスタジオ(JR荻窪駅 徒歩8分)

[料金]
 2500円(高校生以下は2000円)
 定員 各公演25名

[CAST]
 重松愛子・花澤豊孝・與儀慎太郎・久保山智夏・藤原稔三

Piece Live vol.5

2019.10.27 池袋ゲキパにて

〜昭和歌謡とミュージカル♪〜

Pcochaで応援していただいているリスナーさんも、たくさんお越しいただきました。

人気ライバーおうめさんとのデュエット♪

天狗336〜セットリスト

  • もしかして/小林幸子
  • 虹の向こうに/おかあさんといっしょ
  • ぽよよん行進曲/おかあさんといっしょ
  • 男の子女の子/郷ひろみ
  • 恋のバカンス/ザ・ピーナッツ
  • 淋しい熱帯魚/Wink
  • 大空と大地の間で/松山千春
  • サボテンの花/財津和夫
  • また会う日まで/尾崎紀世彦
  • おどるポンポコリン/B.B.クイーンズ
  • 特別出演!チェーホフ

    アオハル世代からの応援もあり、ついつい頬が緩む場面も。

    『天狗はみんなの作品です』を、体現するLIVE となりました。


    機会をいただいた、おうめさん。

    そしてお越しいただいた皆さん、お花や差し入れで気持ちを伝えてくださった方々に、心から感謝です。(ペッコリ46°)

    【喜劇団Rプロジェクト シュールコメディライブ ショートコメディ3連発!!!】

    今回の舞台は、まさにライブ!

    個性豊かな、若さ溢れるキャストたちの中で、「36歳の森田慎太郎」奮闘する舞台となりました。

    マイク富永、出だしの高田のババのアドリブ。観客としては、時に長すぎる二人の絡みについていけなくなりつつも、毎回印象に残るオープニングとなりました。

    毎回、スーツケースとともに、高田のババが激突!マイク富岡の戸惑いとリアクションがその都度新鮮でした。

    舞台の面白さは、役の存在がしっかりとしていれば、1回1回その人が違う動きや表情を見せてくれることにあると思う作品でした。

    お客様に感謝して。

    ご来場、お待ちしております。

    『喜劇団R 』いよいよ明後日からの公演となりました!!

    500戦無敗を誇る伝説の男がひとたびリングを降りると、愛くるしい姿で私達を魅了する…

    ハクション・クレイジーの戦いは続く。

    ショートコメディ3本立ての2本目、ハクション・クレイジーの記録〜500戦無敗の男〜
    に#森田慎太郎出演させて頂きます。

    よろしくお願いします。

    【喜劇団Rプロジェクト シュールコメディライブ
    ショートコメディ3連発!!!】

    劇作と演出:らん丸

    一発目:AV現場の裏表
    二発目:ハクション・クレイジーの記録〜500戦無敗の男〜
    三発目:女子アナとマジックミラーとお天気お姉さんとビンタ

    日時:6月6日(木)〜6月9日(日)
    6月6日(木)19:00
    6月7日(金)19:00
    6月8日(土)14:00/19:00
    6月9日(日)14:00/18:00
    *開場は開演の30分前、受付開始は開演の45分前です。
    *上演時間は90分です。

    チケット:【全席自由】
    シングルチケット 3000円
    ウイニングチケット(複数購入)2500円

    会場:遊空間がざびぃ
    東京都杉並区西荻窪5-9-12そらの上
    http://www.gazavie.com/

    ◆チケットは下記からご予約いただくか、私に直接ご連絡いただければ取り置きさせて頂きます。
    URL:http://ticket.corich.jp/apply/96835/004/

    ヘアメイクさん、募集しています!

    日本と、モンゴルの友情を描いた映画『DAIICHI』の制作チームです。
    5月20日〜21日にかけて、モンゴルより監督と役者が来日し、山梨県での撮影を行います。

    そこで、日本での撮影のメイクアップをしていただく方を募集します。明るく、楽しい現場です。

    以下のサイトより、ご確認ください!

    https://cinepu.com/membo/d24894/

    海岸での群れ

    どこからともなく、大型犬に近い中型犬がやってくる。

    群れの様子を、しばらく眺めていた。

    日々の状況を話していた。おそらく、私たちのシンプルな想像を裏切らないだろうと思った矢先。

    森田氏が声をかけると、次の瞬間にパワーバランスが変わった。

    私は、カメラの向こうを、お尻のお尻から、追いかけた。

    生活レベルでの、自己成長

    森田の2019年、演技とダンスを中心に置いて生活をしている。

    1年と言う尺で身に付けるべきことを、日々の生活習慣レベルに落とし込んでいる。

    洞察と再現が、本人の表現となっていく。

    今年はどんな役に出会うのか。

    出会った役の忠実な表現を目指していくことは、どんな役でも変わらない、

    だからこそ、これまでの森田が出会わなかった類の役、例えば病をかかえながら、精神的にも肉体的にも衰えていく中で、自身の過去を悔やみ、人への恨みが募っていく役であったり、ルーズでだらしない警察官の日常を淡々と描いたものだったり・・・

    そして私は、森田が、役に馴染んでいく過程を見つめながら、自分の人生を重ねている。

     

    作り込んだ役は、違和感がなく何か爪痕のような、耳に吹きかけられた息のような感覚を残す。

    それが楽しみで、私は劇場から離れられなくなる。